夏期講習開講☆

今年もいよいよ夏期講習の時期がやってきました!

本日より中3生の前期が開講しましたが、中期・後期にはまだ若干の空席がございます。ご検討中の方はお早めにお申し込みください☆

 

さて、県庁前校では例年7月中に学校の宿題を終えることを目標に、毎日のように質問教室を行っています。

先日、国語の一環として「読書感想文の考え方」を生徒の皆さんにお伝えしました。

すると今日、中3生のKさんが一言、「先生、こないだ教えてもらった書き方、あんまり役に立たんかった」とポツリ。

Cozy「(川平慈英の顔で)むむむっ!何を読んどるん?」

Kさん「人間失格※。

※昭和の文豪、太宰治が1948年(昭和23年)に書き上げた小説。

 様々な意味で重苦しい。個人的に、中学生以下にはあまりお勧めしません。大庭葉造は主人公。

Cozy「お、大庭葉造!゜゜( Д )・・・・・・そら役に立たんわな・・・・・・何でまた?」

Kさん「好きなんです。今、流行ってます。」

Cozy「流行ってるの!?(汗)」

よくよく聞くと、最近の文庫本の表紙絵が流行りのアニメとコラボしているとのことで、読む人が多いのだとか。確かに、僕らが中学生だった四半世紀前(うひゃー)に比べれば中学生の耐性も上がってきてるのかもしれませんね・・・・・・いやしかし。うーむ。

育英センターは、読書に励む皆さんを応援します☆

 

葉造さんのダメっぷりに久しぶりにゲンナリしたCozy