金沢本部 田中の教育ブログ「英検~福井県の高校入試から」

はじめまして、こんにちは。

この春より金沢本部校で中学生の英語と国語を担当している田中と申します。

どうぞよろしくお願いいたします。

これから定期的に、田中の気になったニュースや、日頃思っていることなど書き綴っていきたいと思います。

第一回目の内容は「英検」についてです。

昨年度、福井県の公立入試において英検の取得級に応じた加点が行われました。

2級以上の取得者には15点、準2級は10点、3級は5点を英語の入試点に加点。ただし100点が上限でそれ以上にはならない、という制度です。

福井県教委の発表データによれば・・・

①加点で英語が上限の100点に達した生徒は18人(全員結果は合格)。

②加点による逆転合格は13人。

③受験者の77.6%が英検準2級以上を取得しているという高校もあれば、3級以上の取得者が5.8%にとどまった高校もあった。

とのことですが、意外な点がいくつかあります。

まず、①についてですが、英検2級以上の取得者が86名、準2級の取得者が837名いたことを考えると、加点で100点に達したのが18人とは少ないように思います。

②においても、5~15点の加点は入試においてかなり大きいにもかかわらず、13人とはかなり少ないですね。

そして③は驚きのデータです。おそらくはF高校だと推測されますが、受験者の8割近くが英検準2級以上を取った状態で受験している!!!!

石川県のトップ校での受験生のデータがないため、福井県とは比較できませんが、おそらく相当な差があるものと思われます。

福井県は国の目標値である「中3終了時、英検3級以上の英語力を有する生徒が50%」を大きく超え、全国第一位の62.8%を達成しました。

当然この英検の加点制度には賛否両論あるわけですが、導入された場合、上位校を受けるとき、英検が必須であると言えるかもしれません。

次回の記事に続きます。